2006年8月21日

戦争体験を聞く会の感想(投稿)


2e641ee2de97ee6163e8530a39a47655.jpg 

最初に公民館に着いてビックリした事は沢山の資料の展示でした。
戦火の尾張旭の様子が良く分かりました。分かり易くて感銘を受けました。
初めて聞いた渡辺みかこさんのシャンソンも素敵な歌声で、平和を守りたいとの思いが伝わってジンときました。

 さて近藤さんの話はいわば加害者側からの戦争体験の話でしたが
人前で中国人の首を斬殺さしたり、妊婦を銃剣でお腹を裂き見世物にしたとか、娘らを強姦したら殺す!(死人にくちなし、と言う事だそうです)乳飲み子を母親から取り上げ谷へ投げ捨てた。子供に"みの"をかぶせ火の中に投げ入れ、熱い熱いとみのがゆれるさまを喜んで"みの踊り"と言ったそうです。普通の心境じゃ出来ない出来事ばかりです。

数え切れない蛮行をしてきた日本が、中国でやってきた歴史認識からしたら、日本を再び戦争出来る国に出来ない!!と強く訴えておられたのは印象的でした

近藤さんは中国だけでなく、沖縄の地上戦も体験され全滅の悲劇の中奇跡的に生き残った体験も話されました。激しい戦闘で戦争と言うものは、国民の犠牲に成り立っていると実感いたしました。、

 この聞く会には沢山の方が来てて熱気ムンムン!中央公民館の一番広い部屋が人人人・・高校生の方が「戦争体験の話を聞けて良かった。私は"戦争を知らない子供達"と言う歌が大好きですが、いつまでも戦争を知らない子供達が増える事願っています」と発言していました。感心しました!!

バンクーバーで平和フォーラムに行かれた方は「外から見ると日本は危ない方向へ行ってるのが良く分かる。ところが日本人は無感心な人が多い。九条は世界の財産です。是非守ってくださいね!」と言われたと発言され、私も勇気をもらっちゃいました。

呼びかけ人の田中さんが「戦争体験があまりにもむごい、子供達へ話すのをためらってきた事が若い層での憲法改正賛成派が増えてる要因!今戦争体験を語りつぐ重要性が高まってる事等、胸にドスンと来て参加してとてもよかったです。

私ばかりでなく、一人一人の方が憲法を守らなければ・・・と言う絆で結ばれてる雰囲気を感じる素敵な戦争体験を聞く会でした。ありがとうございました。
 

中央公民館では一番大きな部屋が満席で200名を超える方が聞きに来ていただきました。お礼申し上げます。一層輪を広げ、絶対に憲法9条を守りましょう!!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする