2006年8月25日

戦争をする国への人づくり(教育勅語)


 

 

教育勅語.jpg

戦争する国にしていく過程で教育の果たした役割は大きいと思います。

教育勅語は、第2世界大戦敗戦まで「軍人勅諭」とともに天皇制国家イデオロギーの2大支柱となっていました。

勅語は子供達にいざと言う時は直ちに天皇のために命を捨てる事がすべてに勝る最高の道徳だと教え込まれました。

勅語の絶対視化は歴史とともに進み、一種の聖典と化して行きます。
各地で、神社風の「奉安殿」(ほうあんでん=学校で御真影や教育勅語などを保管するために校舎とは別に設けた、小さい特別な建物)を建てて納めるようになり、当然生徒たちは、登下校時にはその前で最敬礼することが義務とされた。
結局、教育勅語が納められた奉安殿は、ご神体のようにあがめられて国家神道の一部を担う役割を果たしました。

尾張旭で旭小学校が戦火に見舞われた時、校長先生は生徒の避難誘導より先に御真影や教育勅語を退避させたと市内のMさんは証言しています.
又、当時の愛知県知事にどの様にしてどこへ避難させ守ったのかを詳しく報告しています
校長先生にとっては、生徒より教育勅語が、それほど重要視されていました。

その教育勅語も1947(昭和22)年3月31日の教育基本法の制定によって教育勅語の内容が否定され、今の民主教育がスタートした歴史的な日でした

第1条は、教育の目的に関して、「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」と定め、以下、教育の方針、教育の機会均等、義務教育、男女共学、学校教育、社会教育、政治教育、宗教教育、教育行政等について規定しています

今又、その教育基本法を変え「愛国心を持て!」と改定?しようとしています
歴史は繰り返すと言いますが、後戻りさせてはなりませんよね・・
皆さんはどう思われますか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする