2007年3月22日

「九条の会」は、「三層の人々が力を合わせる場」


 タイトルの言葉は、「愛知九条の会」の代表世話人をしていらっしゃる小林武教授が話されたものです。私たちは、これなら九条の会は大きくできると喜んで、これを原点にしながら運動を進めています。
 さて、三層の人々とは、何でしょう。まず、①自衛隊は憲法違反だから解消すべきだ、という人。②自衛隊は必要だよ。日本を守るためにも、災害救助のためにも、という人。③海外で困っている人たちを救うためなら、自衛隊が海外に出てもいいと、言う人。この①~③までの人々です。②と③は、今の憲法9条でOK。もう実現していますよね。
 では、今9条を変えるのは何のため?何をしたいの?
 今の9条でできないこと、それは「海外での武力行使=戦争」です。(だからイラクでも、自衛隊は武器を使用しなかったですよね)
 ということは、「9条を変える理由は海外で戦争するため!」あなたは自分の息子さんを、恋人を、戦場に送って殺し合いをさせたいですか?
 自衛隊についていろんな意見の人がいます。でも、①の人も②の人も、そして③の意見の人も、みんなが力を合わせてただ一点、「9条を変えて日本の軍隊が海外で武力行使をする、戦争をする」それだけはさせないようにしましょう、というのが「九条の会」です。8割の方に賛同していただける内容ではないでしょうか。
 この立場でお話して、保守系の元市会議員さんにも、「呼びかけ人」になっていただいています。先日は、地元の元校長先生にも「呼びかけ人」になっていただきました。今日は、いんばのユーストア前で、「改憲手続法のからくり」を解説したチラシまきを9人でやりました。絵入り解説の読みやすいものだったせいか、殆どの人が快く受け取ってくださり、200枚がすぐなくなりました。賛同人にもその場で3人なってくださいました。
 この3月は、賛同人を増やす運動をしていて、今800人に近づいております。
賛同人になってもいいよと思っていらっしゃる方、ぜひご連絡下さい。ハーチャ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする