2007年5月 1日

自民党の改憲への日程表


自民党は今の参議院で審理中の「憲法改正法案」の成立後から2011年に国会で発議して秋には国民投票を実施すると言うスケジュールを作っている事がわかりました。
最短で4年半で改憲してしまう無理やりの暴走族まがいです。

脚本家のジェームス三木さんは
政府がなぜこんなに急ぐのかは、今アメリカは世界各地で軍事介入をしています。
アメリカの戦死者が増えて国内世論は厳しい。
そこで有事の際は同盟国日本にアメリカの肩代わりになってもらう。
その時邪魔になるのが、「戦争しない」「軍隊を持たない」と成ってる日本国憲法です。早く改正してもらわないと、いざと言う時に役に立たない。

アメリカの言いなりに戦争する国になったら大変です

「国民投票法案」は投票した人の過半数だけで憲法が成立してしまうとんでもない悪法です。テレビでの宣伝もし放題!こんな悪法は廃案にしなければ日本の将来が問われます。
                                 春

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/59

コメントする