2007年8月22日

「戦争体験を聞く会」に230名の参加者


今回4回目を数えた体験を聞く会ですが、1回目80名、2回目130名、3回目200名、今回230名の参加者でした。毎回予想を上回る参加者数で、主催者の1人として、とても嬉しく、励まされる思いです。協力してくださった皆さん、本当に有難うございました。当日のアンケートの一部を紹介させていただきます。
 「『悪魔の飽食』は中学時代に読み731部隊のことは知っていましたが、知らないことも多くよかったです。今日語られた話、医学界への影響など、歴史の教科書に、載せたいと思いました。」「中身が濃くて、頭がくらくらしました。戦争は人間を狂わせます。教育から戦争を作っていく政府のあり方を許してはいけないと思います。『ファシズムが強いからではなく民主主義が弱いので戦争になる』というのは事実だと思います。そうならないようにしたいと思います。」「731・・始めて知りました。恐ろしい。」「先日、『腐食の連鎖』(広瀬隆著?)を読み、戦後日本の政界・医学界の系譜に驚きましたが、まさに闇を引きずったままの世界が続いている。真実を伝え続ける神谷先生の活動に敬意を感ずるとともに、どちらを向いて生きて生いきたいのか、常に問い続け、勇気を持って意思表示をしていきたい。本日は有難うございました。偶然地元紙で案内を見て隣市から参加させていただきました。」「生々しい731部隊のこと、もっともっと大勢の人たちに報告してほしい。素晴らし講演であった。今、日本の中でひそかに動いている勢力が目を吹き返さないよう頑張らねばとの思い」「731部隊のことは聞いていましたが、上映された「フィルム直視することはできませんでした。人間はなぜこんなにもヒドイことをできるのだろうか?石井は絶対に許すことができません。今日の話でペスト菌を戦争に使ったのでは?という話があってさらにその思いを強くしましたが、なにしろ『戦争はダメ』(わたしの母もきっぱりと言っていた)」

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする