2009年6月 1日

澤地講演会に1000人を越える人


澤地さんは、大勢の人が集まったことを、とても喜んでくれました。
そして、78歳とは思えない張りのある声で、あれもこれもいっぱい話
してくれました。
 
「ミッドウェーで死んだ兵士の子供で、アメリカ人はヴェトナム戦争で1人
死んでいる。日本人には1例もない。

 根本に、日本国憲法がある。それが今揺らいでいるんです。歴史とか悪いことは、忍び足でくる。私が若い頃も気がついてみれば、「大本営発表」でした。

今9条はぎりぎりのところにいることを、若い人に分かって欲しい。

 老人だけでは守れません。若い人だけでも守れません。
 丸岡秀子さんが、「一人の100歩より、100人の1歩を」といっていました。
 100人が1歩でる勇気を。半歩でもいいから、出る勇気をお互いが尊重して、お互いが相手の支えになっていけるよう、後悔する日のないよう力を尽くしていきましょう。」

 澤地さんに直接お会いしてお話しすると、えらぶったところの少しもない、とても気さくで率直な、可愛い人でした。