2010年9月19日

アーミテージ氏「知事選次第で普天間の県内移設は不可能に」


本土のマスメディアは、沖縄のことを極力避けているように感じたので、沖縄発の情報はないかと、ネットをみていたら、「琉球新報」に気になる記事を見つけた。

9月15日来日したアーミテージ氏(ブッシュ政権の国務副長官)は、日本記者クラブで会見をおこない、沖縄については以下のように述べた。

「日米合意は国際合意なので拘束力を持つことは事実だが、名護市議会選挙や11月の知事選挙の結果によっては、その実施(普天間の辺野古移設)が不可能になるかもしれない。『難しい』と『不可能』は違う。今はまだ『難しい』という状況だ。」

県内移設反対の知事が誕生すれば、「辺野古移設は不可能になる」との見方をアメリカ側が示した。これで菅内閣もアメリカと交渉できますね、期待してます。