2011年6月 6日

菅総理は、原発推進派にとって都合が悪い?


原発の被害は予想を上回り毎日が綱渡りのよう

 

な状らしい。こんな大変な時に、自民党だけ

 

ならまだ分かるが、民主党の一部まで一緒にな

 

って、菅降ろしを叫んでいるのが、理解できま

 

せんでした。しかし、6月3日の中日新聞の「

 

菅降ろし』なぜ起きた」を見て、とても納得し

 

てしまいました。「菅首相が原子力政策の見直

 

し」を言い出したときから、反菅勢力の動きが

 

激化していったというのです。もともと原発

 

政策は、自公が推し進めてきたもの。責任は自

 

公や財界にあるのに、まるで自分たちの責任 

 

はないかのように、菅さんだけを責めている。

 

菅さんには協力できないという。不思議でしか

 

たがなかったが、彼らは、福島のような大惨事

 

が起こっても、自分たちの非を認めず、まだま

 

だ原発利権にしがみついていたいらしい。それ

 

で、都合の悪いことを言い出した、菅総理を引

 

き摺り下ろすということのようですねえ。中日

 

新聞さん、よく書いてくれました。おかげで頭

 

がスッキリしました。私たちもいつまでも騙さ

 

れっぱなしの、バカな国民であることをやめた

 

いものです。        幸

 

 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/157

コメントする