2011年6月22日

昨日お会いした「名古屋活動写真」のホームページに訪問してみました


 昨日お会いした、森零監督に名刺をいただきました。そこで、ホームページに訪れてみようと思って、「名古屋活動写真」で検索しますと、すぐ出てきました。

 昨日、「若い頃はバイクを乗り回していたのだとか、自衛隊はぜったい必要だと思っているし、でも、戦争はないほうがいいと思っているけど・・・。だから、中立の立場で撮ります。辛い悲しいだけの映画ではなく、笑いもあるほうがいい。」いいかげんで、やばい部分をいっぱい持っているがゆえの幅の広さを持っている面白い男という印象を受けました。

 名前の「零」の由来をたづねた人に「零戦」の零です。と応えられていましたが、ホームページを見ると、零からの出発という意味もあるそうです。

 「開府四00年 名古屋の山車祭り」というドキュメンタリーを撮られて、そこから、名古屋空襲にも興味を持ったということです。46歳という、バブル真っ只中に青春時代を送った世代が、東日本大震災と原発の衝撃に向き合い、第2次世界大戦の悲惨(彼らの親の世代の少年時代の出来事なのだが)を見つめてみることは、いいことだと思います。

 私たちは、今度もまた零から考え直し、零から始めなければいけないのかもしれません。

 それにしても、インターネットはすごい。「名古屋活動写真」で検索したら、昨日かいた私のブログが、登場したのにはビックリしました。こうやって、どんどん広がりつながっていくんですね。 幸

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/170

コメントする