2011年10月29日

「考えませんか原発のこと」講演会に110名余で大成功


今日は、講演会当日です。「さようなら原発」集会とパレードに参加した人

の中でも、山へ行く人、仕事のある人、用事のある人が多く、なかなか参加者

がつかめません。人集めはやっぱり大変。60人集まるかな?資料、80組

作れば、足りないことはないだろうと思っていました。


 今まで何度も集会をやっていて、顔見知りの常連さんも多いのですが、開始時

刻よりだいぶ前から、全然知らない顔の人が結構な数、入ってきます。これは、

予想以上に参加者が増えるのではと思って、椅子を倉庫から持ち出して追加しま

した。結局、資料が足りなくなり、増し刷りに走りました。110名を何人か

越える盛況でした。やっぱり、原発に対する関心は強いですね。


 河田先生の話は、チェルノブイリの被害状況と福島の状況を重ね合わせて、とても

具体的で生々しく、パワーポイントを駆使してわかりやすいものでした。聴衆

の反応もとても真剣に聞き入るというふうで、しーんとした緊張が場内に漲

るという感じ。先生は、そのあと名古屋での講演を控えていらっしゃり、1時

間丁度で終わるはずが、10分延長して質問にも答えて下さいました。長年の

活動に裏付けられた素晴らしいお話でした。


 5分の休憩をはさんで、柘植先生の、「原爆から原発へ」という題のお話を

お聞きしました。ゆったりとしてユーモアに富んだお話しぶりで、原発の歴史

とその危険性をはなされました。質問も相次ぎ、4時5分前まで、ぎっしり詰

まった充実した時間をすごすことができました。


 後で、スタッフとコーヒーを飲みながら話したのですが、講演の内容が素晴ら

しく、参加者の数も多いと、それだけで嬉しくて、準備の苦労も忘れてしまいま

す。みなさん、本当に有難うございました。

                     幸

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/223

コメントする