2012年3月31日

河田昌東さんの「ガレキ処理」に関する意見


 昨日のブログにayuさんがコメントを書いてくれました。

池田こみちさん(環境総合研究所副所長)の発言が参考になるようです。


 さて、昨年10月に「チェルノブイリ救援中部」の河田昌東さんにお話

していただいたのですが、とても具体的で説得力のあるお話でした。

 そこで、あの河田さんは、ガレキ処理に関してどう考えているのかと

ネットで見てみるとありました。参考になると思いますので、引用させて

いただきます。


 「◆ゴミ焼却場でがれきが燃やされようとしています

 放射性物質に汚染されたがれきを全国で処分することは、汚染の拡大にな

りますので賛成できません。がれき処分には、そのまま埋める方法と焼却処

理があります。焼却灰の基準はありますが、燃やす前のがれきに基準はあり

ません。


 ゴミ焼却場で焼却すればセシウムは700度で揮発しますので、煙突から

大気中に出ていきます。脱硫装置では取り除くことができませんので、本来

ならば特殊なフィルターをつけなければいけない。そのまま焼却すれば周辺

の汚染につながり、非常に危険です。


 また埋め立てることにも問題があります。環境省は当初、放射性物質に汚

染されたがれきや焼却灰の処分に関して、1キロ当たり8千ベクレル以下で

あれば一般最終処分場に埋めてもよいとしていました。しかし8月末、セメ

ントで固めることを条件に基準を10万ベクレル以下に引き上げました。さら

に9月25日には、10万ベクレルを超える焼却灰の埋立検討方針も出しました。

これでは際限なく日本全体を汚染することになります。


 そうした最終処分場からの汚染水が川に流れ込みますと、今福島で起こっ

ている様々な汚染が、レベルは低くても全国で起きる恐れがあります。埋立

は絶対に避けなければいけません。


 そもそも環境省や政府がどうして汚染がれきを全国で処分するように方針を

だしたのか、その理由やいきさつが伝わってきません。マスコミの方はそこを

はっきり追求してほしい。


 福島第一原発の20㎞圏内のがれきや土壌に関して、環境省は国の責任で処理

すると言っています。しかし当然ながら20㎞以遠でも放射性物質で汚染されて

います。ところがその処理に関しては、各地方自治体が引き受けるよう要求し

ています。


 汚染されていない被災地の岩手、宮城のがれき処分に関しては、東北を助け

たいとの気持ちで多くの地方自治体が名乗りを上げました。しかし今度は汚染

したものも引き受けるべきだと政府は言っているのです。

 各地方自治体が受け入れるかどうかは分かりませんが、やはり政府が方針を

出した以上、色々な形で自治体にはプレッシャーがかかってきます。一般市民

が声を上げないと汚染は全国に広がっていくと思います。

 

<汚染対策の基本は広めず小さく固めること>

◆各地の下水処理場の汚泥汚染も深刻です

 そうですね、各都道府県の下水処理場で発生している放射能汚泥も心配です。

福島県内はもちろん、北海道や宮城、岩手などの東北、栃木、群馬、茨城、千

葉、埼玉、東京、神奈川の関東圏、新潟、長野、静岡でも下水処理汚泥から放

射性物質が検出されています。

 汚染土壌に雨が降れば、放射性物質は側溝に流れ下水へ流れますし、汚染し

た食べ物を食べた後の糞便も下水に流れる。それらが最終的に下水処理場で処

理され、放射性物質が濃縮した汚泥ができる。さらに脱水、焼却するので高濃

度の放射性廃棄物となるわけです。


 最終的に国はこの焼却灰を、発生した都道府県で処分するように求めていま

す。その前提として、先に述べたようにセメントで固めて埋め立てることを認

めているのです。また場合によっては、あるレベル以下のものはセメント原料

に混ぜてもいいとの通達が出ているようです。こうして汚染された焼却灰の混

ざったセメントが、全国の建物や道路に使われることになります。


 今後、色々なルートを通じて生活環境の中に放射性物質が入ってきます。国

は意図的かどうかは知りませんが、放射能汚染の全国化はやむを得ないと判断

しているように思います。


 汚染が広く薄く広がってゆく。これは思い起こすと1960年代の公害問題

と同じです。特に三重県の四日市公害に代表される大気汚染ですが、当初は煙

突から出た高濃度の亜硫酸ガスが周辺の住民を苦しめました。問題が表面化す

るとそれまで約50メートルだった煙突を200メートルの高煙突へと標準化。

その結果、局所的な汚染から薄く広範囲に汚染が広がることになりました。


 今は当時の状況とよく似ています。やはり放射能汚染物質は小さく固めて、

環境中に流出しないよう処分しなければ非常に危険です。


 それと今回の放射性がれきの問題は、高レベル廃棄物処分とも絡む問題だと

思います。福島原発事故以前から国は、廃炉時代に生じる多量の放射性廃棄物

の処理を考えていました。あるレベル以下は普通のゴミとして処分する、いわ

ゆる「スソ切り」を行なおうと進めてきた。


 それが今回の事故で一足早く問題となった。勘繰りかもしれませんが、国は

チャンスだと考えているかもしれません。原発の新設をやめて廃炉にする方針

が出ていますので、その時に備えて地ならしをしているように思えます」

2012年3月30日

「大阪維新の会」の組合攻撃の資料は捏造されたものだった


 昨日ブログに書いた尾張旭市でガレキ処理をどうするかという話し合いで

すが、言いだしっぺのIさんが、あの後愛知県や名古屋市、尾張旭市に電話

して聞いたところ、名古屋市にはガレキ受け入れの要請が来ているが、尾張

旭市には来ていないので、緊急の集まりはやめて、4月12日の「さようなら・

原発」の例会の日に話し合おうということになりました。

 10時~中央公民館です。興味のある方、ご参加ください。


 さて、またまた「大阪維新の会」の失策です。

 某紙によりますと、「大阪維新の会」が大阪市議会で「交通局と組合が組

織ぐるみで市長選に関与していた」と組合攻撃の材料に使った市長選用のリ

ストが26日、捏造されたものだったと判明。


 「市交通局によると、問題のリストは市のデーターをもとに一人の非常勤

職員によって捏造されたもの。交通局職員1867人分の氏名や平松邦夫前市長

を支援する「知人・友人紹介カード」の回収状況などが記載されていました。

その上、「紹介カードを提出しない等の非協力的な組合員がいた場合は、今後

不利益になることを本人に伝える」と記すなど組合側が不当な影響力をあか

らさまに行使したかのように細工されていました。


 もともとリストは2月6日、「大阪維新の会」の杉村市議が職員から内部告

発を受けたとして公表。新聞各紙は「組合が選挙協力強要か」などと大々的

に報道しました。

 橋下市長もツイッターで、「今回のえげつなさは・・・組合が幹部職員も含め

て、従わない場合は不利益を与えると脅していること」と。

 一方、疑いをかけられた大交が同日中にリストの作成を否定すると、橋下

氏は、「偽メールの様相を呈してきた」ともツイート。いずれにせよ問題だ

と「徹底調査」を宣言。このように当初から信ぴょう性が問題になっていた。


 それなのに2月10日には、杉村市議が、市議会でリストを取り上げ、「交通

局と組合が組織ぐるみで市長選に関与していたことを裏付けるものだ」と市側

を追求。

 橋下氏が「市の職員による違法ないし不適切と思われる政治活動、組合活動

などについて、次々と問題が露呈しています」と、憲法で保障された思想、良

心の自由を侵す「思想調査」の実施を表明したのは2月9日。捏造されたリスト

の問題を利用して、「市長の業務命令として」、「正確な回答がなされない場

合には処分の対象となりえる」職員「思想調査」へと踏み切ったのです。

 橋下氏は27日、「大阪維新の会」の質問に「裏づけが足りなかった」との批

判が出ていることについて、「メディアだって裏づけをとらずに報道していた

じゃないか」と報道陣に逆ギレ。市の調査によって「僕は、組合の濡れ衣を晴

らした」と開き直りました。」



 大声上げて攻撃してくる人に対しては、一歩すくんでしまいます。

聞く耳を持たない人に対しては、抗議の声も届きにくいでしょう。

 強く見えそうな人についているのが楽なのかもしれません。


 しかし、そうやって生きてきた後にやってきたものが、あの戦争であったし、

あの安全神話の後の原発事故であったことを思うと、しっかりと見るべきもの

は見て、手をつなげる人々と手をつないで、小さな行動を積み重ねて行きたい

と思います。




2012年3月29日

福島のガレキ処理、引き受けるべきか?


Mさんから、電話。住んでる地域がホットスポットのため避難してきて

いるIさんから、「愛知県が福島のガレキを引き受けるといっているが、不安

である。尾張旭がどうするつもりなのか、市長が意思表明する前に会って意

見をいう機会を持ちたいが、一人では無理なので、一緒に行動してくれる人

はいないだろうか。次の「さようなら原発・尾張旭」の例会は、4月12日なの

で遅すぎる。それより前に有志で動けないだろうか」という相談があった。

 ガレキ処理に関する資料は、Iさんが持っているので、2~3日中に集まっ

て話し合いたいので、都合のつく日を教えてくれとのこと。


 今日もテレビで、県の受け入れ方針に、市民グループが反対を申し入れたと

報道している。さて、どう考えるべきか、余り真剣に考えてはいなかった。


 「原発のウソ」という素晴らしい本を書いた小出裕章さんが、3月16日付け

の週刊金曜日で、ガレキ処理について話していた。彼の言うことなら信用でき

そうな気がするので、要点をまとめてみます。


 放射能というのは、閉じ込めることが原則。国がやろうとしていることは、

全国の自治体の焼却施設で燃やせ、焼却灰はそれぞれの自治体が勝手に処分

しろ、という。そのふたつともが間違えている。


 本来は、専用の焼却場を現地に作ることが望ましい。しかし、国は一切そ

ういうことをやっていない。汚染した地域の子供たちの被曝を減らすために

は、専用の焼却施設ができるまで待っていられない。だから全国で引き受け

るのはしかたがない。

 ただし引き受けるには、次のふたつの条件を満たさなければ、やっては

いけない。

 ①たいていの焼却施設にはバグフィルターがついていて、セシウムもそれ

なりに取れる。ただし、本当にフィルターで放射能を捕捉できるかどうかを

確かめなければいけない。バグフィルターでダメなら、セラミックフィルター

なり、高性能フィルターなりを追加して、放射能を閉じ込めることが必要。


 ②出てきた焼却灰をそれぞれの自治体で埋めるなどということは、やって

はいけない。私の提案は福島第1原発に返すということ。これまでも焼却灰は

コンクリートの材料に使われていた。福島第1原発では、これから石棺を建て

ることになるかもしれないし、地下には膨大な遮水壁、汚染水が出ないよう

に地下ダムのようなものを作らなければならない。そのために膨大な量のコ

ンクリートが必要になるので、それに焼却灰を使うというのが私の提案です。


 以上なんですが、彼の話の続きに、例の大阪維新の会が登場します。

かなりいいかげんな会らしいことがよく分かりますので参考までに紹介します。


 「半月くらい前、がれき問題について意見を聞きたいということで、大阪

維新の会のメンバーが30何人きました。私の提案は、ふたつの条件を満たさ

なければやってはいけないということですが、それを無視して、「受け入れる

しかない」と小出が言っていることになっているらしい。一般の方々も、小出

がとんでもないことを言っている、と怒っている。でも私は、そんなことを言

っているわけじゃないんです。」                 幸

2012年3月17日

映画「名古屋空襲を語る」上映会(ピースあいちにて)3月19日(6時~7時)


さっき名古屋活動写真の森零監督から電話がありました。

 「新聞で見たかもしれませんが、映画『名古屋空襲を語る』の上映会を、

3月19日(月)にピースあいちでやります。うちの、ホームページ見られた?」

と。18時上映開始。19時終了の予定だそうです。

 
 
 この映画については、以前私のブログでも紹介させていただきましたが、

森監督が、名古屋空襲の体験者を募集していると中日新聞の記事で知ったので、

9条の会・尾張旭発行の『私の戦争体験集』を送ったら、その中の数人の方の

お話が聞きたいということで、半年ほど前に、喫茶「棒の手」に集まって、皆さ

んの体験を語る姿をフィルムにおさめてもらったのです。


 その映画がついに完成して、上映会がもたれるというのです。

「いい作品になりましたよ。順次上映会を持っていくつもりですから、都合の

つくところで、見て下さい」とのこと。

 この映画収録の時、何度も何度も、「戦争だけは、ぜったいやっちゃあダメ」

といっていたSさん、先月亡くなられました。

 愛知時計で、空襲にあい、友人を亡くし、トラウマで長年夢の中でうなされ、

今でもサイレンが鳴るとあの頃を思い出していやだと言っていらした。

 糖尿病を患い、映画収録の時も、退院して間がなかったので、断られるかな

と思っていたら、「はい、行きます」と2つ返事でキッパリとおっしゃたので

驚いた記憶がある。あの体験だけは伝えておきたいという思いがつよかったの

だろうと思う。本当に、あの文章と、映像が遺言になってしまった。

                          幸

2012年3月16日

愛川欽也さん、インターネットテレビ局「kinnnnkin.tv」開局(4月7日)


14年続いたCS番組「愛川欽也パックインジャーナル」(CS放送朝日

ニュースレター)が終了したそうです。人気もあるし、どっかのテレビ局で

続けられると思っていたのに最終的にだめになった。

 我が家はケーブルテレビに入ってないので見られなかったのですが、友人

のMさんはよく見ていて、政府に批判的なこともはっきりいういい番組だと

いっていました。「それが、暫らく前から欽也さんは怒っていて、可哀想で

見ないでいて、先日見たら、ニコニコだった」と。


 視聴者の「やめないで」コールが、1日に100通もくるほどすごかったそうで、

「じゃあ、俺がやってやろうじゃないの、自由な言論の場を守り育てていく

ためにもね」と決心して、「kinkin.tv(キンキン・ドット・ティー

ヴィー)」を立ち上げることになったので、ニコニコ顔になったのでしょう。

 インターネットテレビなんて、今まで見たことないんですけれど、77歳の

欽也さんの心意気に応えて見てみたいと思います。


 先日、国会で取り上げられた、 橋下大阪市長が、市の全職員に組合活動、

政治活動への参加などを強制的に答えさせた「思想調査」に対しての欽也さん

のコメント。

 「僕みたいに長生きしてきた人間から見ると、恐いです。これ笑ってはいら

れないよね。

 市長が職員に『特定の政治家の応援』や『街頭演説への参加』などを答えさ

せる。答えないと『処分対象』にするって。こういうこと、まかりとおったら

どうするんだって、考えなきゃね。『うちのお父ちゃんは市役所で働いていな

いからいいや』となったら、いけない。この動きがもっと強くなれば国民全体

の思想調査までしかねないですよ。

 あの太平洋戦争前夜、本当に同じようなことがあった。監視され、『どんな

本読んでいる』とこたえさせられた。わずか60~70年前の話です。政府は

命令に従うよう国民を1色にしなきゃなんない。これは結局、思想統一なんです。

統一する方は、1色にならないやつを連行して、たたき直して1色になったら監

獄から出してやった。

 私たちは、そんなことがない時代を、戦争という大きな犠牲を払ってとりあ

えず持ったはずです。犠牲のうえで、今の憲法があり、思想・良心の自由があ

る。長い歴史を大きく元に戻す動きがあれば、これはあぶねえぞ、と誰かが

言ってなきゃいけないんです」

                        幸

2012年3月11日

160名の参加者で大成功 「さようなら原発・尾張旭」集会とパレード


 1時少しすぎに会場に着くと、10人編成のシルバーホルテの演奏に合わせ、

「サザエさん」の歌声が聞こえます。あっちこっちで、風船が空を泳ぎ、

子供たちの吹くシャボン玉が飛び交い、そのあいだを、歌詞カード、チラシ

ひまわりの面、鬼の面、鳴子、マラカス、プラカード、横断幕などのグッズ

を配り歩く人、ざっとみて、もう100人近くの人が集まっている感じです。


 私は、早速カバンに入れて持ってきた、小さな折畳み椅子を取り出して、

横断幕の掲げてある後ろの方に坐りました。すると、80歳になるTさんが、

椅子の機能もある手押し車でやってきて隣へすわりました。誰かが、手書き

の横断幕を持ってきて、「これを持っていて」というので、2人で持ちました。

 カンパ箱を持ってきておいていく人がいるので、左手に横断幕、右手にカン

パ箱を持ち、久しぶりに会った人々と、挨拶をしたりしているうちに、続々

と人々が集まり、ダンボール箱で、張りぼてを作り、頭から被っていて、子供

たちの人気を集めている人もいました。

 小学5,6年の子が何人もいるので、「お母さんかお父さんと来たの?」と

聞いてみると、「友達に誘われてきた」といいます。誘った子に、「どうして

誘ったの?」と聞くと、「お父さんに、いって来いといわれた」といいます。

 その子の友達だけで、7人ほどもいて、ヘリウムの入った風船10ヶくらい

を束ねてスローガンを書いた布をぶら下げたものを、喜んでもっています。


 9月の集会の時には、80名弱で、知らない人は10数名というところでしたが、

今日は、どこの誰と知らない方が大多数。子供連れ、孫連れも大勢います。

まさに、名もなき市民の集まり。(昨日、1昨日の新聞報道のおかげもあった

と思います)


 1時半になると、もう、160名ほどの人でいっぱい。

 集会に入り、まず、震災被害者への黙祷を1分間。

 全員で、「ふるさと」を歌ったあと、主催者代表でYさんが挨拶。大きな声

でしっかりと(後で聞くと、緊張で震えていたそうですが・・・)。千葉なの

に放射線量が高いホットスポットで、避難してきたというKさん。Aさん、M

さんと、小さい子供を持つママさんの発言が続きます。(福島から避難してき

た彼女も、下の子をおんぶして、上の子の手を引いて、参加してくれていまし

た)「原発は許せない」と、はっきり言っていました。


 「母は強し」。1番敏感な、若いママたちを支えていかなければ、と思い

ました。最後に70代男性Yさんが発言。しっかりと、原爆につながる原発の

危険性について語りました。

 それから、Tさんによる放射能測定実演で、皆さん、ずーと前の方にかたま

り、2時をすこし回ったころから、バンド演奏の「歩こーあるこう、私は元気」

を歌いながら、パレード出発です。

 参加者100名以上を目標にし、資料120部用意しました。160名以上の参加

でまったく足りませんでした。でも、こんなに沢山用意してだれが持つのとひ

そかに心配していたほど、グッズは沢山あったので、とても賑やかで華やかで、

活気のある楽しい集会とパレードになりました。

 やっぱり、やってよかった。読売新聞の記者の方が、取材に来てくれたので、

                  幸

2012年3月10日

中日新聞なごや東版に、明日のパレードの紹介が


 朝起きてすぐ新聞受けから新聞をとりだし、さあ、どうかと思いながら、

なごや東版をめくりました。

 ありました。右上の1番目立つところに、5段組で。1番上に横書きで、題字

に書いた言葉があり、その4倍もの大きな字で、「凧に希望託す」「脱原発を

訴え」が並んでいます。その左には写真が2枚。下の写真の説明として、

 「昨年9月、尾張旭市であった前回の『さようなら原発』パレード。11日は

瀬戸、尾張旭市などで実施される」とあります。確かにあのときのパレードの

写真です。カラー写真ですから、黄色のスカーフや色とりどりの風船や、プラ

カードの赤い文字の色やで、カラフル。後ろの方の歩道を歩いているのは、子

供達。「ゲンパツマンダー」などと叫びながら走っている子もいましたねえ。


 地の文を読んでいくと、

 ①全国24箇所で同時に凧を揚げて追悼の意を示そう

と長久手市の愛・地球博記念公園で、「揚がれ!希望の凧in名古屋」がある。

 ②瀬戸市と尾張旭市では、犠牲者への哀悼と脱原発を訴えるパレードが行わ

れる。尾張旭市では、1時半に集合し、福島県飯館村から持ってきた葉っぱを

使って放射線測定を実演とまで書いてあります。

 ③萩山台連合自治協議会が、震災の教訓を地域に生かそうと、避難所運営

運営ゲームを実施する。

 ④瀬戸メサイヤ合唱団が「東日本大震災 被害者のためのレクイエム」と

題したコンサートを開く。

 の4つの催しの紹介がなされていました。

 そして、記者の言葉として、「犠牲者を悼み、復興を願う形はさまざまだが、

いずれも『風化させない』との思いが表れている。主催者は多くの参加や見学

者を募っている」と。


 こんなに大きく取り上げていただいて、本当に嬉しかったです。あとは、明日

の参加者が、一人でも多くなりますように・・・。「どんなことやるのかなー?」

とミーハー的に見学にくるだけでもいいし。5分でも10分でも。散歩代わりに歩い

ちゃってもいいし。

 私は、1時間も立っている自信がないので、小さな折り畳みの椅子を持っていく

ことにしました。

 「寒いし、病み上がりなのに、やめときなさい」と何人にも言われましたが、

全国的にこんな催し、めったにないことだから、参加しないと後悔すると思うか

ら、帽子にマスクにホカロンで、しっかり防御して参加するつもり。

 では、あす、会えるといいね。
                                幸

2012年3月 9日

中日ホームニュースで3・11尾張旭パレードの紹介


 今日3月9日の中日ホームニュースのタウンガイド欄をみて、驚きました。

かなりの大きさの太字で、"さようなら 原発"と題字が書かれ、2段組の

中央には、"11日瀬戸と尾張旭でパレードなど"とあります。そして、瀬戸

市と尾張旭市の集会とパレードの紹介が麦の穂の柄の枠組みに囲まれて書か

れていて、結構目立っていました。記者の方も、工夫して協力してくれてい

るんだなあと思ってうれしくなりました。


 昼過ぎ、中日新聞の瀬戸支局の方から電話がありました。

 「3・11にさようなら原発で、いろんな地域で行動するようだから、ま

とめて記事にしたいが、他の地域の動向を知らないか?お宅の行動で、写真

はないか?」という内容でした。

 前回の、9・19のパレードのとき、中日新聞が取材にきてくれて、写真

入でとりあげてくれたので、嬉しかったのですが、明日の新聞にまず、地域

の取組みとして、載る可能性大ですね。期待しています。

 新聞で取り上げてくれないと、なかなか皆さんにお知らせすることができ

ませんから・・・。

 
 でも、こういう取材の姿勢をみても、新聞の記事の内容からみても、

中日新聞は、脱原発、本気でやっている気がしますね。共感する記事が

多いです。

          幸

2012年3月 6日

3月11日「さようなら原発・尾張旭パレード」にご参加を


 <font size="2">
 震災からちょうど1年にあたる3月11日には、全国的に、「さようなら

原発」の集会やパレードが行われます。福島では、2万人集会を目指している

とか。名古屋でも勿論。

 尾張旭では、昨年9月19日に「さようなら原発1000万人アクション」

にあわせて、第1回のパレードを行いました。ベビーカーに乗った赤ちゃんか

ら子供たちを含め、楽しく歩くことができました。

 今回も、子供たちが安心して生活できる、原発のない未来を作るために、

集会とパレードをやります。

 集会では、1時半からシャンソン歌手の渡辺みかこさんのリードで、歌を歌

い、いろんな年代の人々に、リレートークをしてもらい、14時ころからパレ

ードに移ります。(尾張旭駅前~城山公園)


 集会のみの参加もOKです。私も病み上がりなので、パレードに参加できる

かどうか不安ですが、集会には参加したいと思っております。


 そうそう、最近参加した若い方が、「さようなら原発・尾張旭」のブログを

作ってくれました。URLはhttp://owariasahi-dgt.at.webry.info/です。

さすが上手いモンです。一度訪問してみて下さい。</font