2012年4月11日

安斎育郎さん、クローズアップ現代で、質問に答える。


昨夜、なんとなく「クローズアップ現代」を見ていたら、安斎さんが登場

して、驚きました。

 食品中に含まれる放射線量の基準が、この四月から厳しくなったのですが、

消費者の方は、それでも不安で、各地の生協とかスーパー、自治体などが独

自の基準を作り始めている。放射線量を限りなく0にという消費者の希望が

その背景にはある。

 ところが、その結果被災地の生産者が、苦境に立たされることになった。

牛肉を使ってハンバーグを作るお店で、6ベクレルあったので、データー

を公表した。6ベクレルという値は、危険性からは遥かに遠い数字だが、0

ではないと受け取られ、今までの4割しか売れなかった。


 この問題をどう考えたらよいのかという質問に安斎さんが答えていました。

私の理解した範囲で、大まかにまとめてみます。


 「まず、放射能について、学習するひつようがある。天然の放射能、レント

ゲン、飛行機などのリスクと比較して、原発のセシウムのリスクがどれほどの

ものなのかを理解する。

 放射線は出来るだけ浴びない方が良いことは確かなので、限りなく0にとい

う消費者の主張も大切で、その中で国全体の放射能摂取量が低くなっていく。

 同時に、0を求めるのは非理性的で、それでは被災地の生産者が苦境に立た

されてしまうという意見も出し合い、消費者と生産者、販売業者が合意形成を

目指して学習の機会を持つ必要がある。

 そうした混乱を乗り越える中で、世界に通よする国際基準のようなものが

作られていくとよい」


 安斎さんは、200万福島の県民が生きていくためにということで、福島の

米を買おうという運動もしていらっしゃるそうです。「産地で恐がらずに実態

で恐がる」とも言っていました。

 とても落ち着いた明晰な語り口で、時間が短いのが惜しかったです。でも、今

22日、1時間半くらいもじっくり語り質問に答えていただけると思うと楽しみ

です。

 
 忘れていました。明日4月12日、10時~12時

 「さようなら原発・尾張旭」の例会です。中央公民館で。

 興味のある方、気楽にお出かけ下さい。

     幸

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/247

コメントする