2012年5月 6日

ウクライナの歌姫ナターシャ・グジーの歌は素晴らしかった。


 「憲法施行65周年記念  市民のつどい」 の第2部は、ウクライナ

の歌姫と呼ばれるナターシャ・ジグーの歌でした。ウクライナの民族楽器

バンドゥーラの弾き語りです。

 「水晶の歌声とバンドゥーラの可憐響き」という宣伝文句が決っして大

げさではない素晴らしい歌声でした。


 ナターシャはチェルノブイり原発事故のとき、6歳で3・5キロのとこ

ろで被曝しました。20歳のときに来日したそうです。歌も語りも素晴ら

かった。


 特に、「秋桜」と「防人の詩」が素晴らしかったので、CDを買ってしまい

ました。家で聞いてみて最初、縮こまったようでなんか違うと思っていたが、

ボリュームを上げたら、よくなりました。いい物を手にいれることが出来て

うれしいです。


 
 ナターシャ・ジグーで検索すると、ホームページがあり、フクシマに対す

る思いなども書いていますよ。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://owariasahi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/256

コメントする