2012年12月12日

9条を選ぶ・・・見極める衆院選(12日中日新聞1面)


中日新聞1面に、大きく「見極める衆院選 9条を選ぶ」とあって

「おっ、やるな」と思いました。

「憲法9条の改定を公約に掲げる自民党の優勢が伝えられる。平和国家

として歩んできた「国のかたち」を根本から変えてしまう問題にもかか

わらず、選挙では大きな議論になっていない。背景には、民主を含め

与野党を問わずに広がる改憲への容認論がある。事実上、9条の選択を

迫られる投票日を前に、自衛隊が海外派兵されたイラク戦争の実例をふ

まえ、元米兵や識者の言葉から9条の重みを再考する」とあります。


 学費稼ぎが目的で州兵になり、イラク戦争に参加した元米兵のウール

ソンさんの写真と言葉。「戦争の真実を知ったからこそ、9条の価値」

がわかった」。


 軍事ジャーナリストの前田哲男さんは、「9条が改定されれば、米国の

戦争に無条件で引きずり込まれる恐れがある」。米国と同盟関係にある

英国軍は、集団的自衛権を行使する形で開戦当初からイラクへの軍事行動

に参加して、200人近い犠牲者をだした。


 9年近くに及んだ戦争で、米兵の死者は4500人。イラク人の死者は

10面人以上。サマワには2年半で計5千5百人の自衛隊員が派遣されたが

戦死者はゼロ。イラク人の命を奪うこともなかった。

 「日本の若者は、9条に守られていることをもっと自覚したほうがいい」

・・・・・・
アメリカは、「アメリカの若者の代わりに、日本の若者の血を流せ」といって

いますし「、軍事費を増やして、アメリカの肩代わりをせよ」といってきて

います。そのアメリカの要望に迎合する形で、9条改憲を言っているのが

改憲勢力なのだと思います。

 憲法9条は、荒波にさらされて今やボロボロだけれど、まだ、戦争で

他国の人を殺し、殺されるということだけは、ギリギリ抑えているわけです。

10年後、20年後、のことに思いをはせましょう。今10歳の子供も、10年後には

20歳になります。そのとき、9条がなかったら・・・・。


2012年12月10日

「9条をまもる平和まつり」大盛況で楽しかったです。


昨日の「9条をまもる平和祭り」大勢の方が参加してくださり、

とても楽しい催しになりました。

 12時20分から飲食コーナー開始。30分にはもう席は埋まるくらい。

おでんに、赤飯に、山菜おこわ。どれもおいしいんです。

 手作りケーキも、プロとしか思えないような素晴らしいものが

どっさり提供されて、すべて100円ですから、あるお子さんは、3個

も食べたそうです。

 たまには、いいですよね。

人々が、おいしいものを食べながら、くつろぎ談笑する姿って、ほんと

いいですね。
 
 子供も大勢で、バルーンづくりの二人のおじさんも、大忙し。

 展示物も素敵なものが並びました。

 今年は特に、舞台出し物が魅力的で、1時半からは、90人くらいの

方が、そちらに参加してくれました。


 マンマヴォーチェは若々しく元気に歌ってくれ、さすがプロの石田さん

の二胡の音色は胸に響き、いのこさんの朗読もよかった。「恋文」の朗読

に続いて、 八リバの福井さんが歌い始めると、歌って訴える力が強いん

だと、改めておもわされました。

 東北の被災地に思いをはせ、平和の大切さを確認する素敵な催しにな

りました。

 参加してくださった方、お手伝いしていただいたかた、展示物や

食べ物など作ってくださった方々、本当に本当にありがとうご

ざいました。


2012年12月 7日

明日は「九条をまもる平和祭り」におでかけください